2016年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014年10月18日(土)

ATLネット代表、浅野史郎さんの「ミニ移植」治療との闘いを綴った記事が連載されています。

(患者を生きる:2628)働く 元知事の闘い:4 「ミニ移植」、再び教壇へ
 血液がんの成人T細胞白血病(ATL)と診断された、元宮城県知事の浅野史郎さん(66)は2009年10月、東京大学医科学研究所付属病院から国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)に転院した。骨髄移植を受けるためだ。田野崎隆二・輸血療法科長(55)が待ち受けていた。

 基本的な白血病の治療法は、大量の抗がん剤と強力な放射線照射で骨髄を完全に破壊し、新しい造血幹細胞を移植する。ただ、その「フル移植」には体力がいるので、原則55歳くらいまでしか受けられない。一方、白血病の患者の平均年齢は年々上がり、移植を受けられない患者が増えていく。そこで「ミニ移植」が生まれた。

 「ミニ移植では、確かに患者さんの白血病細胞が体内に残ってしまうのですが、それが移植されたドナー(提供者)のリンパ球の持つ免疫力で殺され、なくなっていくんです」と田野崎さんは言う。

 ミニ移植の最先端を行く国立がん研究センターでは、1999年~13年末に600人以上の患者がミニ移植を受け、生存率は年々向上している。公的保険医療の対象にもなり、最近では地方の病院でも受けられる。

 10年2月の退院の日、浅野さんは田野崎さんに聞いた。

 「先生、マラソンで例えるなら、いま、何キロですか」

 「10キロ地点ですかね」

 手術後、浅野さんはドナーの骨髄への拒絶反応である「GVH病」や移植後の合併症で入退院を繰り返しながらも、10年10月からは横浜市の自宅で暮らしている。

 09年5月の発病から5年5カ月がたった今も、浅野さんは3週間に一度、妻の光子さん(65)と連れだって定期的に診察を受ける。

 昨年から神奈川大で「地方自治論」を教えている。発症前に慶応大で教えていた楽しさが忘れられず、大学にお願いして「障害福祉論」のゼミも受け持っている。

 「官僚時代も知事時代も、与えられた仕事を精いっぱいやる姿勢でやってきた。でも病気をして、自分がもらってきたものを学生に与えることが、これからの自分の仕事と思うようになりました」

 発症で突然「闘病」が仕事になり、そして再び、「授業」が仕事になった。
スポンサーサイト
14:28  |  ATL(成人T細胞白血病)  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2014年10月15日(水)

ATL患者友の会「ミラクル」について

ATL患者友の会「ミラクル」ってなあに?
スマイルリボン活動の中に「ATLネット」がありますが違いはなんですか?


ATL患者会として2012年に「ATLネット」がスタートしました。

 浅野史郎氏が会長となり、会員は浅野氏とメールで情報交換をしています。
 浅野氏は移植で成功されたものの治療を続ける患者であり、患者会としての活動はメールに制限しました。

ATLの相談は緊急性のあるものも多く、通常の患者会は成立しないのではという問題点を抱えながらのスタートだったのです。
 実際9年間いろいろ試してみたけれど、アトムの会のようには行かないことを実感しました。
 発病すると短期間で命を落とすこともあり、患者会に求めるものは治療法という情報が目的の場合が多いのです。

患者会の目的は当事者同士の交流や情報交換がありますが、そのほかに行政へのアプローチがあります。

 ATLのように白血病の中でも希少な血液がんは国に実情を伝えて対策を取ってもらわなければなりません。
 治療薬を作ってもらうために行政へ陳情しなければ前に進まないのです。
 国に対策を取ってもらうためには国会議員を動かさなければはじまりません。
 また、研究者がいなければ薬の開発はできません。
 こうして、逆算して突き詰めると「患者会の存在が大きい、必要」だということになります。

9年の経験を活かして考えた結果、 ATL発症に不安を感じているキャリアの方、患者だけでなく家族や、遺族の方々も含めた友の会にしようと考えました。
 
23:17  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014年10月13日(月)

協和キリンとファイザー がん免疫療法の開発で提携 ポテリジェントと抗CD-137抗体を併用


協和キリンとファイザー がん免疫療法の開発で提携 ポテリジェントと抗CD-137抗体を併用

公開日時 2014/10/01 03:51

協和発酵キリンと米ファイザーは9月30日、協和発酵キリンが有する抗CCR41ヒト化モノクローナル抗体モガムリズマブ(製品名:ポテリジオ点滴静注)とファイザーが開発中の抗CD-137アゴニスト完全ヒト抗体PF-05082566について、がん免疫併用療法の開発で提携契約を締結したと発表した。2015年に固形がん患者を対象とする第1b相臨床試験を開始する予定で、試験はファイザーが実施し、費用は両社が均等に負担する。



がん免疫療法では、生体自身の自己免疫システムを制御することによりがんの進展を抑える。両社によると、免疫細胞の増殖や活性化を亢進させるPF-05082566とがん細胞を保護する免疫細胞を抑制するモガムリズマブを併用することで、より効果が見込める可能性があるという。



モガムリズマブは、国内で2012年5月に再発または難治性のCCR4陽性成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)の適応で発売され、その後、末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)や皮膚T細胞性リンパ腫(CTCL)の適応が追加されている。国外でも同様の適応で開発を進めている。
23:47  |  新着記事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。